レディ

うつ病の傾向と原因

メンズ

非定型うつ病とは

うつ病は、もはや現代病と呼んでも過言ではないほど現代社会に蔓延しています。それは時に「心の風邪」と呼ばれることもある、誰しもかかる可能性のある病なのです。うつ病を発症した場合、どのような症状が出るのでしょうか。また、うつ病の原因とは何なのでしょうか。まず、うつ病には大きく分けて2種類あることを覚えておきましょう。1つは「定型うつ病」と呼ばれているもので、これは昔からみられる定番のうつ病です。主に中高年の男性に多くみられ、何をするにも意欲がわかない、自分が好きなことに取り組むことも苦痛に感じるなどの抑うつ症状が強くみられます。几帳面で責任感が強く、仕事に熱心である方や、秩序や規律を重んじる、所謂自分にも他人にも厳しいタイプの方が陥りやすいです。物事に強く執着する気質の方や、メランコリー親和型と呼ばれる性格の方々に多くみられる傾向があります。2つ目のタイプは「非定型うつ病」と呼ばれるものです。このタイプは「新型うつ病」とも呼ばれ、近年患者数が増加している精神疾患です。新型うつ病の患者さんは、定型うつ病の方とは異なる傾向を持ちます。20代の若い世代に多く、特に女性に多くみられます。新型うつ病の場合には、自分の好きなことをしているときは何の問題も起きませんが、自分が嫌いなこと、嫌なことをしているときに抑うつ症状が激しくみられます。突然涙があふれ出したり、激怒したり、あるいは強い不安感や喪失感、今すぐこの世から消えてしまいたいなどのマイナス思考に陥ってしまうことがあるなど、感情のコントロールがうまくできなくなります。また、自分を強く責めたり、自傷行動が見られたりすることもあります。その一方で、自分を責める言葉の端々で周囲を攻撃し、自分が周囲になじめないこと、自分への理解のなさを訴えます。周囲を攻撃すると同時に助けを求め、かと思えば相手に褒められたとしてもその言葉を素直に受け取ることができず、皮肉ではないかと疑いもします。このような矛盾ともとれる行動から、周囲は困惑し、それがかえって新型うつ病患者を刺激する、といった悪循環に陥るケースも多々見られます。そのため、社会生活においてトラブルを招くこともあります。