近年急増している病気|新型うつ病の特徴を徹底解説

あれ?もしかして…と思ったら新型うつ病かもしれません。
ウーマン

もしかしたら「うつ」かも

これまでのうつ病とは異なる、新型うつ病の患者さんが増加しています。新型では、感情のコントロールが難しい一方で好きなことは問題なくやれるという特徴もあります。接し方や治療法など、正しい知識を身につけるためにも医療機関を受診しましょう。

ハート

辛い症状を改善するため

新型うつ病を発症したら、自分に合うクリニックを探すことが大切です。全体の雰囲気や医師の雰囲気をインターネットでリサーチしたら、実際に初診を受けて相性を確認してみましょう。嫌だと感じたら、勇気を出して別のクリニックを訪れることも大切です。

カウンセリング

受け入れ難い病気

新型うつ病と我儘の見極めの境目は難しいかもしれないです。やはり医学的な診断を簡便な方法で実施する必要があります。病気の浸透、医学の進歩、周囲の理解、など条件を整える必要があると考えられます。新型うつ病は病気なのです。

メンズ

うつ病の傾向と原因

新型うつ病患者は感情の制御が思うようにできず、自傷行動や自殺をほのめかすような言動も見られます。また、抑うつ症状の他に他者への強い攻撃性も見られるため、時に社会生活を送るうえでのトラブルを引き起こすこともあります。

女性

病院に相談する理由

精神病の一つ、新型うつ病の発症者が増えています。治療には精神科で相談を受けることが必要です。病気と判断しにくいこの症状でも、先生は的確に見抜いて治療の目処を立たせてくれます。苦痛の理解者にもなってくれるため、一人で苦しむ必要もなくなります。

新しいタイプが増加中

男性

どのような病気なのか

うつ病で悩む方が増えていると言われていますが、その中には、昔から言われてきたうつ病とは違う病状を申告する方もいます。新型うつ病と呼ばれる病気で、ここ数年急激に患者数を伸ばしてきています。新型うつ病には、従来のうつ病とは異なる点がいくつもあります。突然気分が落ち込んでしまうことがあるというのは同じですが、新型の場合、自分にとって楽しいことや都合の良いことは、問題なくできることが多いです。また朝から昼までに落ち込みやすいのが従来のうつ病ですが、新型うつ病の場合には夕方から夜までがもっとも危険な時間だと言われています。なんの予兆もなく、突然夜中に泣きだしてしまう方もいます。また、周囲が自分をどう見ているかにも、非常に敏感です。なにか悪口を言われているのではと感じると、立ち直るのが不可能なほどに落ち込んでしまいます。自分の好きなことをしているときには非常に調子が良いので、本当に病気なのかと疑われることも多いのが、新型うつ病の特徴です。周囲との関係を円滑にするためにも、またもちろん自分自身のためにも、適切な治療を素早く行うことが求められます。これまでのうつ病とは違い、ただ休んでいるだけでは新型うつ病は改善しません。薬やカウンセリングで心のバランスを整えながら、休息と負荷を与えることが求められます。嫌なことから逃げているだけでは状況は改善しませんが、素人が無理矢理いやなことを押し付けるのはオススメできません。医師のサポートのもとで、できることから始めていくと良いでしょう。また、生活習慣の改善も重要なポイントだと言われています。眠る時間や起きる時間、そして食事の時間や量をきちんと定めることで、心のバランスが整いやすくなります。実はこれを実践するだけで、新型うつ病の症状が改善したという方も少なくないのです。もしも身近に好きなことをしているときは元気なのに、いやなことをしようとすると、ものすごく落ち込みうまくいかないという人がいる場合は、新型うつ病を疑ってみると良いでしょう。医師の診察を受けることで、治療方針もはっきりさせられます。